本願寺堺別院について

浄土真宗本願寺派 本願寺堺別院 HOME >本願寺堺別院について

堺別院由来

堺は古くから海上交通の要衝でした。特に文明元年(1469年)に中国から帰った遣明船が入港して以来、日明貿易の根拠地となり、堺商人は強い経済力を持ち、やがて自治都市を形成します。
蓮如上人は遣明船が帰港した翌年、文明2年6月に堺南庄の紺屋道場円淨に寿像(蓮如上人の肖像)を授けられ、同年10月には堺北庄の山口中町の樫木屋道場道顕に親鸞聖人御絵伝を、さらに文明8年(1476年)には同じく道顕に対して開基道祐の影像を、それぞれ免許されました。
上人は文明7年秋に越前吉崎から畿内に帰られて伝道されますが、堺の重要性に着目し、道顕のすすめにより、翌文明8年に御坊を営み信證院と称しました。
文明11年(1479年)堺の坊舎は、前年から造営にとりかかった山科本願寺に移築されました。山科の御影堂は文明12年、阿弥陀堂は文明14年にそれぞれ落慶しました。
その後、堺の坊舎は再建されましたが、その年次は不明です。明応3年(1494年)上人は堺御坊の本尊に紺地金泥の九字名号(南無不可思議光如来)を定められました。
上人は堺御坊にしばしばおもむかれますが、御坊におけるご教化について、つぎのような事柄が伝えられています。
上人は、堺御坊の御堂の卓上に御文章を置かれ、参詣人があると、必ず読ませられました。上人は「参詣人はたとえ一人であっても、御文章を読みきかせたらならば、ご縁のある人は、信をとるであろう」と申されました。
またある時は、夜ふけて蝋燭をともして、お名号を書かれました。ご老体ゆえに、御手もふるえ、御目もかすみ、ご苦労されながら筆をとられました。翌日越中へ行く人に託すためでした。これも、ただ信をとらせたいとのおぼしめしからでした。
あるとき、中国大陸北部の契丹人が4,5人つれだって上人を訪ねてきました。それは、ひとり子を死なせ、嘆き悲しみ、蓮如上人の名声をきいて、来日したのでした。上人のご勧化によって、阿弥陀仏の本願のありがたさを知り、上人から六字名号を頂戴して帰国したといいます。
蓮如上人のご往生ののち、堺御坊は御子の実賢、上人の内室蓮能尼がそれぞれ継がれました。その後、戦乱によって衰退しました。
本願寺第十二代准如上人の時に本堂を再興し、本尊を新造し安置しました。旧本尊は江戸の別院浅草御堂に移されていたためです。第十五代住如上人の享保13年(1728年)に本堂を重修しました。第十七代法如上人の安永7年(1778年)蓮如上人廟所と拝堂を造営しました。寛政10年(1798年)の火災で本堂・広間・台所が焼失し、第十九代本如上人の文政8年(1825年)に再興し、今日に至っています。

お内仏

蓮如堂

与謝野晶子の句碑


本堂内陣


本願寺堺別院歴史年表

1450年 6月 蓮如上人、堺南庄の紺屋道場円淨に寿像(蓮如上人の銅像)を授ける
10月 蓮如上人、堺北庄山口中町の樫木屋道場道顕に親鸞聖人御絵伝を授ける
1461年 3月 蓮如上人、堺御坊にて、「御文拝読の初法座」
1470年   道顕、堂舎を再興し、蓮如上人に落慶法要の導師となることを願い出る
1476年   蓮如上人、道顕に開基道祐の影像を免許
  蓮如上人、道顕のすすめにより、御坊を営み信証院と称す
1479年   堺坊舎、山科本願寺に移築
年次不明   堺坊舎再建
1494年   蓮如上人、堺御坊の本尊に紺地金泥の九字名号(南無不可思議光如来)を定める
1728年   本堂を重修
1778年   蓮如上人廟所(蓮如堂)と拝堂を造営
1798年   火災により本堂、広間、台所が焼失
1825年   本堂再建。落慶・遷仏法要を営む
1871年   堺御坊、堺県の県庁となる(~1881年)
1964年   親鸞聖人700回大遠忌法要記念事業として会館建立
1998年   本堂大屋根の修復、内陣修復、襖の新調を行う
2004年   会館老朽化により除却
2005年 3月 蓮如上人500回遠忌法要記念事業として会館建立


本願寺堺別院会館

本願寺堺別院旧会館は昭和39年、宗祖親鸞聖人700回大遠忌記念事業として建立されました。しかし以後40年の星霜は甍を損なわない壁を傷め、また設備の老朽化が著しく、そこで、新たなる時代に向かって別院の更なる発展を期し、1999(平成11)念に勤修された蓮如上人500回遠忌法要記念事業の一環として、新会館建立が計画されました。
以後、堺別院崇敬区域138ヶ寺の住職・門信徒挙げて懸念を収め、関係者各位の多大のご尽力のもと、2004(平成16)年4月30日旧会館解体表用を修し、同年6月17日起工式、同年10月14日上棟式を勤修し、2005(平成17)年3月15日竣工いたしました。
会館内はバリアフリーで、寺務所・最大140名収容のお内仏(ホール)等を配し、各種会議・催し・法要等にご利用いただけます。
※詳細は別院までお問い合せください。

本願寺堺別院会館


堺県とは

堺県とは

堺の地に「堺県」が設けられていたことを、皆さんはご存知でしょうか。和泉・河内地方はもとより、遠く現在の奈良県までの行政区域だったようです。
江戸時代が終わった(明治元年)から、明治14年に大阪府に合併されるまでの14年間、歴史上に存在した県でした。慶応4年6月22日、大阪府から和泉国をさいて、堺県が行政上独立しました。堺の町は、大小路が摂津と和泉の境であり、大小路よりも北は大阪府、南は堺県となったのです。
明治2年には、河内県と狭山藩が堺県に入りました。明治4年に廃藩置県が行われ、大和川を摂津と和泉の境ときめるとともに、次々と周辺の県を合併しました。明治9年には隣の奈良県をも合併し、堺県は和泉、河内、大和をあわせた大きな県になったわけです。
県庁ははじめは、堺奉行所、のちに明治4年から同14年までの10年間、本願寺堺別院(北の御坊)に移りました。
※参考:21世紀の堺を考える会資料


境内のご案内

本願寺堺別院の創建は、足利義氏の第四子祐氏によると伝えられています。文明2年(1470)には、道顕が蓮如上人を招いて堂を再興しました。その後、享保13年(1728)に、現在地に本堂を落慶しましたが、寛政10年(1798)の火災で表門と鐘楼を残して焼失しました。
現在の本堂は、文政8年(1825)に再建され、現存する堺最大の木造建築物です。正面に阿弥陀如来、向かって右に親鸞聖人、左に蓮如上人が鎮座しています。堂内の内陣と下陣を仕切る襖絵には、中世の自由都市堺を彷彿させる南蛮貿易図が描かれています。

※ご覧になりたい箇所にマウスを重ねてください。

アクセスマップ|浄土真宗本願寺派 本願寺堺別院
山門 蓮如堂 経堂 御成門 堺県庁跡 与謝野晶子歌碑 鐘楼